歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策

歯周病になり歯がぬけてしまうと、新しい歯を入れる必要がありますから歯科医院に行って相談をする必要があります。

TOPICS
歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策
歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策

歯周病になったら歯科医院に行って相談しよう

今は若い人でも歯周病になってしまい、歯がなくなってしまう人もいます。
私の知り合いで若いのに奥歯がほとんどない人や、前歯がない人もいます。
生活のだらしなさがこのようなところでも分かりますし、育ちのいい人は歯周病にかかることもないと思います。

しかし歯周病になってしまい歯がなくなってしまったのであれば、仕方ありません。歯科医院に行って治療をしてもらうといいと思います。
なくなってしまった部分には入れ歯であったり、インプラントであったり、ブリッジであったりと、なんらかの治療をしてなくなってしまった歯の部分に歯に変わるものを入れる必要があります。
新しい歯を入れないとどんどん他の歯にも悪い影響が出ますし、食べ物を食べることが難しくなってしまうと思います。


歯科医院に行くことで、治療方法を提示されると思います。
少数の歯であればインプラントという手もありますが、インプラントは費用もかかりますしリスクも大きいので、入れ歯にするのがいいかもしれません。入れ歯であれば安価ですし、リスクもありません。見た目は悪いですが、一番簡単に治療できる方法ですし、手入れも簡単だと思います。
歯周病になってしまうと自分の歯を失う可能性が大きくなってしまいますから、歯周病になったら毎日のブラッシングを時間をかけて丁寧にすることをオススメします。
抜歯までいかない状態で、とどめることは可能だと思います。
時間がたてば歯がぬけてしまうかもしれませんが、毎日のブラッシングで症状の改善も可能です。

お役立ち情報