歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策

歯周病は非常に怖い歯茎の病気である。その予防に歯科での定期的なデンタルメンテナンスをお勧めする。

TOPICS
歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策
歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策

歯周病の予防は歯科でのデンタルメンテナンスで

歯周病は中年以降の日本人に多い歯茎の病気です。
その主な原因は食べ物のカスが歯に付着し、歯みがきで磨き残された歯垢です。
この歯垢は磨きにくい歯と歯茎の境目にある歯周ポケットにたまりやすいわけです。
歯垢や歯周ポケットという言葉は歯ブラシや歯磨き剤のCMで聞いた事も多いのではないでしょうか。
この歯垢にはたくさんのばい菌が住み着いており、これらのばい菌の出す毒素で歯茎が炎症を起こします。
さらに進行すると歯を支える骨を溶かして、最後には歯が抜け落ちることになるとても怖い病気です。

この恐ろしい歯周病を予防するためにはやはり原因となる歯垢を歯科で取り除くことでしょう。歯科に行くと針のようなもので歯周ポケットの深さを測ります。
この時、歯茎に炎症があるとチクッとした痛みがあります。
それはとりもなおさず歯周病のサインですから、歯周ポケットに歯ブラシの毛先を入れて磨くようにすると良いでしょう。私は小さめの歯ブラシを使って、歯を一本一本磨くようにしています。
歯科では歯磨き指導もしてくれます。
「歯磨き指導なんて子どもみたい」と思うかもしれませんが、案外まちがった歯磨きをしていることも多いので、お勧めです。

こういった虫歯の検査、歯周病予防のデンタルメンテナンスは理想としては半年に一度が理想かもしれませんが、忙しければ一年に一度でも良いかもしれません。お誕生日の前日にデンタルメンテナンスというのはどうでしょう。綺麗な歯でお誕生日を迎えるのも素敵です。

お役立ち情報