歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策

歯周病の原因は、きちんとした歯磨きができてないからでしょうね。歯科には定期的にいってチェックしてもらいましょう

TOPICS
歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策
歯のメンテナンス 歯周病の予防と対策

歯周病は歯科に行かないとわからない

年齢があがってくると、歯周病という病気になったりします。
子供がこれになることはないですが、大人のどんどん加齢が進んでいくと、歯のこの病気になったりします。
これは、歯科に行かないとわからないものですね。歯の全体のチェックをしてもらって、歯肉の出血でどれくらい歯のぐらつきがあるかっていうのを見てもらう必要があります。
あまり嬉しくないですが、虫歯によくなるので、このチェックも結構頻繁にしてもらってます。
虫歯はすごくなってしまうんですが、このチェックではそんなに悪い状態ではないといつもいってもらえます。
こういうのは、歯が丈夫な人でもなってしまうので、ちょくちょく歯医者さんにいくほうがいいですね。

子供の場合は、歯磨きがきちんとできてないと、歯肉のところが赤くなってきて、ぶよぶよになってきます。
ちょっと歯ブラシをそこにあてると、出血してしまうということになったりしまうす。なんで、こっちも定期的に歯医者にいくほうがいいでしょうね。小学校とかなら、歯科検診があるので、それにひっかかったら、歯医者にはいくとは思います。

でも、歯科検診では見つからない虫歯もあるので、そういうのをみてもらいに、半年に1度はいっておくほうがいいですね。お口全体の状況もみてもらえうので、大型の休みのときにはいくようにしたらいいと思います。
こういう病気は普段の歯磨きをおろそかにしてるのでなってしまいます。
そこを引き締めてやっていくといいですね。

お役立ち情報